よくある質問

よくある質問

見積もりは無料ですか?
お見積もり無料です。施工前まで費用は基本的に発生しませんのでご安心ください。
現場に訪問してもらって打ち合わせできますか?
現地調査を兼ねてご訪問させていただき、お打ち合わせさせていただきます。お気軽に問い合わせください。
現地調査をしなければ見積もりはできませんか?
現地の状況により費用は大きく変動します。正確な見積もり算出のためにも現地調査が必要です。概算でお答えすることは可能ですが目安程度となります。
クロスを貼った壁でも塗れますか?
表面の状態によりますが、極端につるつるしたクロスでない限り、直接塗りでの施工が可能です。
古い砂壁の上から漆喰を塗ってほしいのですが可能ですか?
表面の状態によります。表面がボロボロと崩れる状態であれば、古い砂壁は一旦剥がした方がいいでしょう。状態によっては、下塗り剤で補強したうえで直接塗ることも可能です。
左官工事を施工している間は部屋を使えますか?
外壁の施工時は部屋を使用することは基本的に問題ありません。内壁の場合は、誤って触れてしまわないためにもお部屋に入らない方がいいでしょう。
工事期間はどのくらいですか?
下地の状態や塗る面積、使用する素材などによって変化します。目安として、クロスへの直接塗りで事前の下地補強工事が不要であれば、1日に12畳分の面積を塗れます。
壁1面などの小さな部分だけ塗り工事は依頼可能ですか?
もちろん可能です。遠慮なくご相談ください。
珪藻土は扱いにくく住宅には使えない素材だというネット記事を読んだのですが本当ですか?
珪藻土は調湿性に優れ、仕上げも美しい自然素材です。ただし塗るには専門的な知識と技術が必要です。知識や経験のない業者が施工すると色むらなど仕上げ不具合が発生することがあります。こういった失敗を「珪藻土は使えない素材だから」と言い訳をする業者もいます。弊社では高度な教育研修システムで職人にしっかりと技術と知識を共有させ、高いレベルの珪藻土施工を可能にしています。
珪藻土には発がん性があるという噂を聞いたのですが本当ですか?
いいえ、発がん性はありません。WHO(世界保健機構)傘下の国際ガン研究機関では、珪藻土は「非結晶性シリカ」に分類されています。非結晶シリカは「人に対する発ガン性について分類できない作用物質」に位置づけられています。